修理業者に依頼して設備を使いやすく保つ

給湯器の交換

ガス給湯器の寿命がきた時

 ガス給湯器の寿命は一般的に戸建でも、マンションでも10年から15年といわれています。経年劣化による部品の摩耗や、基盤の損傷などが主の故障原因となります。しかし、給湯器は不調がわかりにくく、突然お湯が出ないなどの故障で気づく事が多いようです。特に冬場は給湯器の負担も大きくなるため、突然の故障が多くなります。 そのような急な故障に日本全国、24時間対応の業者も増えています。電話で業者に電話をかけることで、即日工事などにも対応してくれます。又、別途費用はかかりますが、早朝、深夜なども、対応してくれます。  給湯器本体と工事代で平均的にも10万円以上はかかります。給湯器が、寿命を超えてくれたものの、急な故障や、突然の大きな出費は困りものですが、最近ではクレジットカード対応の業者も増えています。  10年の寿命を見越して毎年積み立てておくのもよいでしょう。寿命が近づく頃に業者への見積もりを依頼しておきましょう。

早めに準備をしておこう

 ガス給湯器の寿命は、故障などで突然やってくることが多いので、家や、マンションを購入した時点で10年毎に係るメンテナンス費用に計上しておきましょう。10年以上使用でも、問題なく使用できる可能性もあるので、10年以降は、お湯が熱くならない、電気の使用量が目立って増えてきた、水漏れ、お湯の出が悪い、電源が入らないなどの症状がでてきたら取り換えの検討をしましょう。部品だけの交換で済むこともありますが、10年以上の給湯器となると交換部品がない場合もあるので、メンテナンス費用は最低10万円以上は準備しておきましょう。又給湯器の種類により、追いだきができたり、浴室の中からの操作が可能なものなど、便利な機能も増えてきております。新しい機能を望む場合は金額も上がっていきますので、余裕のある費用計上にしたいものです。