修理業者に依頼して設備を使いやすく保つ

窓の修理

本棚を倒してしまった。

私は今の家に30年ほど住んでいるが、この前ちょっとした事故が起こってしまった。私は自分で書斎にある本棚の位置を変えようとしたのだが、バランスを崩して本棚を倒してしまった。幸い私は転びはしたけれども尻や腰に怪我はなかった。しかし一番大きな窓ガラスが割れて飛び散ってしまった。私の身長ほどもある大きな窓ガラスだったので料金が気になったが、自分で修理するわけにもいかなかったので、すぐに窓の業者に修理を依頼することにした。書斎は私の仕事場で、仕事の関係上、なるべくすぐに直してもらいたかった。嬉しいことに調べてみるとその日のうちに来てくれる業者が見つかったので、その業者に窓の修理を依頼することにしたのだ。

思っていたより安価な料金

業者がその日に来てくれて早速見積もりをしてくれたが、5万円とのことだった。すりガラスだったのでもっと高価になり10万円はすると踏んでいたのだが思っていたよりも安かった。昔はもっと高かったような印象があるが、価格競争で安くなったのだろう。この料金ならと即決で修理の依頼をした。 ガラスは2時間ほどで届き、その間業者は飛び散ったガラスの清掃と窓枠に残ったガラスを取り除いていた。ガラスが届いてからはとても早く30分ほどで嵌め込んでいつもどおりの窓ガラスの様子になった。 5万円というのは安い金額ではないが、自分で修理することはどうやってもできないし、ケガをする危険性もかなりある。それを考えたら5万円というのは払うに値する金額だと思った。